お電話でのご相談

メールでのご相談

法人破産のご相談

 
企業経営において、急な売掛金等の入金の遅れから、事業資金の不足や、取引先や税金・社会保険料等の支払いのために、借り入れを起こすことは少なくありません。
ひいては、代表者個人でも借り入れを起こし、会社に入金する例も多くあります。
会社の継続的な経営が困難になると、個人の生活にも支障を来すことになります。
また、すでに休眠状態ではあるものの、多額の債務が残っている場合もあります。
法人の破産手続きを選択することで、倒産状態の企業を法律に従って処理することができます。
当事務所の弁護士は、法人破産の申し立てにも重点的に対応しております。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

 

お電話でのご相談

メールでのご相談